育てやすい花からはじめましょう|花の苗栽培のすすめ

バラ

バラの育て方

バラは、ガーデニング初心者が育てようとすると非常に難しい花です。しかし、種類の中には初心者向けの育てやすい花もあるので、それを最初は育ててみてはいかがでしょうか。

果樹

果樹を育てる

果樹は育てるのに非常に手間がかかりますが、その苦労に応じた収穫を得ることが出来ます。しかし、近くに鳥がよく飛んでいるときなどは虫除け対策や鳥よけ対策を行いましょう。

花の苗から育てる

花

ガーデニングを始める場合、多くの人は花の種から栽培を始めようとします。たしかに、種から育てることで初めて芽出たときの感動というのはとてもいいものであり、これがきっかけでガーデニングが楽しくなることは多いです。しかし、人の中には非常に忙しく種からじっくり育てる時間の余裕がない人もいます。それでも花を育てたい場合、花の苗から育ててみてはいかがでしょうか。花の苗は園芸専門店や通販サイトでも購入することが出来ます。
花の苗から育てるメリットとして、手間が大幅に省けるということが挙げられます。初心者が花の種からガーデニングを始めた場合、芽が出ないので心配になりあれこれ弄った結果枯れてしまったということは珍しくありません。また、育て方を少し誤って力のない芽出て貧相な華が咲くこともあります。しかし、花の苗から育てることで元気で力強い状態のまま花を育てることが出来、きれいな花を咲かせやすくなります。そのため、初心者の場合はまず花の苗から育てたほうが良いかもしれません。
また、花の苗から育てたほうが良いものはたくさんあります。例えばチューリップです。チューリップは球根から育てた場合、目が出るのは数年後と非常に気の長い付き合いをしなければなりません。また、バラは花の苗から育てたほうが育てやすく、逆に花の種から育てると非常に難しいことで知られています。このように、花の苗から育てることを推奨している種類はたくさんあるのです。

芝生

芝生を利用する場合

家の庭を芝生にしたい場合、芝生の種類を考えて利用することになります。また、人工芝にすることで芝生に匹敵する快適性と作業の手間を大幅に省くというメリットが生まれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加